くらし情報『知念侑李と中川大志の蜜月ぶりにヒロイン役の小松菜奈「複雑な気持ち」』

知念侑李と中川大志の蜜月ぶりにヒロイン役の小松菜奈「複雑な気持ち」

2018年3月8日 11:58
 

関連リンク

・モダンなインテリアになるチェスト☆収納力をUPしてスッキリとしたお部屋にしよう
・『ネタパレ』初ゴールデン特番で豪華コラボ続々 南原&柳原のカーリングネタ、Toshl&RG&くっきーは“あるある”歌う
・キリンビールの『#カンパイ展』SNS映え間違いなしのイベントは6月25日スタート!
知念侑李と中川大志の蜜月ぶりにヒロイン役の小松菜奈「複雑な気持ち」


知念侑李

映画『坂道のアポロン』公開直前イベントが3月7日にスペースFS汐留で行なわれ、知念侑李中川大志小松菜奈ディーン・フジオカ三木孝浩監督、応援ゲストの綾戸知恵が登壇した。

・『坂道のアポロン』公開直前イベント、その他の写真

本作は、小玉ユキの人気コミックを『アオハライド』や『ホットロード』の三木孝浩監督で実写映画化。長崎を舞台に、性格の全く違う薫(知念)と千太郎(中川)が音楽を通じて交流を深めていく姿を描いた青春物語だ。

本作のヒロインは小松演じる律子なのだが、三木監督が「薫と千太郎のシーンは、男女のラブストーリーを演出しているような感じでした」と発言すると、中川は「知念さんはヒロインの顔をしていました」と証言! すると小松も2人がオルガンを弾くシーンについて「どちらも本当に美しくて、キスするくらい距離が近かったんです」と撮影を振り返り、「本当にキスしてしまうんじゃないかと思って、なんか複雑な気持ちでした」とそのときの心情を吐露した。

そんな知念と中川の先輩役として出演しているディーンは、本作のイベントに登場するのはこの日が初めてということで「やっと呼んでいただけました」と笑顔を振りまくと、物語の重要な鍵を握る知念や中川とのセッションシーンについて「僕はトランペットを吹くのが初めてだったので、めちゃくちゃ練習して臨んだのですが、一番演奏が危なかった」と裏話を披露して会場を盛り上げる。

またこの日は、映画を見終わった観客が、作品から感じたことが“友情”か“恋”か“音楽”かを選ぶコーナーが設けられる。客席の多くが“友情”と“音楽”に埋め尽くされると、知念は「“恋”は意外と少ないんですね。ラブシーンを演じたんだけれどな……」とやや寂しそうな表情を浮かべた。

本作を鑑賞し、大いに感動したという綾戸は「2人の演奏にはビックリしました。日本映画の前進が見えたような気がします。本当にリアルさがあった」と絶賛。ディーンが「僕も演奏しているんですけれどね」とつぶやくと、綾戸は「あなたは顔が先に出てしまう。顔を見ているだけで鼻の下がのびてしまうよ」と男前すぎることを指摘していた。

『坂道のアポロン』は3月10日より全国公開となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.