くらし情報『ゆっくりと、だが着実に理想へと進んでいくハリウッド/アカデミー賞授賞式を振り返る』

ゆっくりと、だが着実に理想へと進んでいくハリウッド/アカデミー賞授賞式を振り返る

2018年3月9日 12:10
 

ゆっくりと、だが着実に理想へと進んでいくハリウッド/アカデミー賞授賞式を振り返る


左からサム・ロックウェルフランシス・マクドーマンド、アリソン・ジャネイ、ゲイリー・オールドマン/俳優賞受賞の4人(アカデミー賞公式サイトより)

3月4日(現地時間)、ロサンゼルスで開催された第90回アカデミー賞ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』が作品賞、監督賞など最多4冠に輝き、日本人アーティスト、辻一弘のメイクアップ&ヘアスタイル賞受賞(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)もあった。

・[動画]ゲイリー・オールドマンがオスカー受賞の辻一弘について語る/『ウィンストン・チャーチル』インタビュー

授賞式の司会は昨年に続いてジミー・キンメルが務め、まず最初に「今年は名前を呼ばれても、すぐに席を立たないでください」と昨年のフィナーレで起きた作品賞誤発表の自虐でスタート。受賞者名が書かれた封筒の渡し間違いが原因の珍事だったが、巻き込まれた昨年のプレゼンターであるウォーレン・ベイティフェイ・ダナウェイのコンビも異例の再登板。今度は無事に役目を果たした。

1月のゴールデン・グローブ賞、2月の英国アカデミー(BAFTA)賞の授賞式では出席者の装いの大半が黒だったことが話題になったが、これは昨年10月にハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ告発記事に端を発した「MeToo」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.