くらし情報『絶妙すぎるタイトル! 偏見はない“つもり”の自分の無意識にハッとする『弟の夫』』

絶妙すぎるタイトル! 偏見はない“つもり”の自分の無意識にハッとする『弟の夫』

2018年3月10日 12:06
 

関連リンク

・加藤浩次、よゐこ濱口からの結婚報告振り返る -山本圭壱への報告は…
・三浦りさ子、夫・カズと次男の誕生日祝い 家族ショットも公開
・新婚LiLiCo「純烈」夫の“ファンサービス”には「嫉妬しません!」
絶妙すぎるタイトル! 偏見はない“つもり”の自分の無意識にハッとする『弟の夫』


『弟の夫』公式サイトより

原作と映像化された作品を、重箱の隅をつつくように細か〜く比較する【元ネタ比較】。今回はNHKドラマ『弟の夫』を紹介します。

【元ネタ比較】『弟の夫』前編
ゲイ・エロティック・アーティスト田亀源五郎の作品を映像化

田亀源五郎原作のヒットコミック『弟の夫』がドラマ化され、地上波ではなくBS放送ではあるが、トレンド入りするなど話題となっている。

『弟の夫』はタイトルが全てを語っていて、上手い題名をつけたものだと思う。弟の夫……ん? 弟ってことは男だよね? なのに妻ではなく……夫⁉と、引っかかりを持たせることでつかみはオッケー。そして、「“普通”なら妻なのに夫なんだ」と引っかかりを持つこと自体にハッとさせられる。自分は偏見はないつもりだけど、弟の夫だと“普通”とは違うと思っているんだな、と再認識させられる。

・ドロドロ劇はない、男性同士のピュアな恋愛模様『花は咲くか』

田亀源五郎はゲイ・エロティック・アーティストと名乗り、「さぶ」や「薔薇族」など老舗のゲイ雑誌でも作品を発表してきた国内外で注目される作家だ。その彼が一般漫画雑誌「月刊アクション」で連載していたのが「弟の夫」。第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞も受賞している。

恋愛を描いてるわけではなく、LGBTの問題を繊細に大胆に真正面から描いたホームドラマだ。主人公は小学生の娘・夏菜を男手ひとつで育てている折口弥一。突然、彼の元に双子の弟・涼二の夫であるカナダ人のマイクが訪ねてくることから物語は始まる。

弥一は少年時代に涼二から、自分は同性が好きなゲイだとカミングアウトされていた。涼二はカナダに渡り、弥一とは音信不通に。涼二はカナダでマイクと結婚するが死去し、涼二との約束のために弟の夫=マイクが弥一を訪ねてやってきたのだ。

弥一はあからさまにマイクに冷たくするわけにもいかず、大人な対応をするが、よそよそしい。しかし、夏菜は子どもらしい無邪気な好奇心でマイクに興味を示して懐いていく。マイクはグイグイと接するわけでもなく、礼儀をわきまえつつ、ときおり最愛の人にそっくりな弥一の中に涼二の面影を追いながら、夏菜の好奇心にはおおらかに応えてやる(中編に続く…)。・中編「子どもが発する「男同士で結婚できるの?」の素朴な疑問への誠実な答えとは?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.