くらし情報『絶妙すぎるタイトル! 偏見はない“つもり”の自分の無意識にハッとする『弟の夫』』

絶妙すぎるタイトル! 偏見はない“つもり”の自分の無意識にハッとする『弟の夫』

2018年3月10日 12:06
 

絶妙すぎるタイトル! 偏見はない“つもり”の自分の無意識にハッとする『弟の夫』


『弟の夫』公式サイトより

原作と映像化された作品を、重箱の隅をつつくように細か〜く比較する【元ネタ比較】。今回はNHKドラマ『弟の夫』を紹介します。

【元ネタ比較】『弟の夫』前編
ゲイ・エロティック・アーティスト田亀源五郎の作品を映像化

田亀源五郎原作のヒットコミック『弟の夫』がドラマ化され、地上波ではなくBS放送ではあるが、トレンド入りするなど話題となっている。

『弟の夫』はタイトルが全てを語っていて、上手い題名をつけたものだと思う。弟の夫……ん? 弟ってことは男だよね? なのに妻ではなく……夫⁉と、引っかかりを持たせることでつかみはオッケー。そして、「“普通”なら妻なのに夫なんだ」と引っかかりを持つこと自体にハッとさせられる。自分は偏見はないつもりだけど、弟の夫だと“普通”とは違うと思っているんだな、と再認識させられる。

・ドロドロ劇はない、男性同士のピュアな恋愛模様『花は咲くか』

田亀源五郎はゲイ・エロティック・アーティストと名乗り、「さぶ」や「薔薇族」など老舗のゲイ雑誌でも作品を発表してきた国内外で注目される作家だ。その彼が一般漫画雑誌「月刊アクション」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.