くらし情報『岩田剛典、苦しかった主演映画公開!監督からの手紙に男泣き』

岩田剛典、苦しかった主演映画公開!監督からの手紙に男泣き

2018年3月10日 17:37
 

関連リンク

・佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星、高校にサプライズ登場 大歓声に圧倒される「熱気がすごい」<虹色デイズ>
・峯田和伸が大暴走!? 石原さとみの“三大事件簿”とは?「しゃべくり007」2時間SP
・伝説の歌姫の生き様描く!マチュー・アマルリック監督『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』予告
岩田剛典、苦しかった主演映画公開!監督からの手紙に男泣き


監督からの手紙に男泣きする岩田剛典

映画『去年の冬、きみと別れ』の初日舞台挨拶が3月10日に丸の内ピカデリーで行われ、主演をつとめる岩田剛典をはじめ、共演の山本美月斎藤工浅見れいな土村芳北村一輝瀧本智行監督が登壇した。岩田は、サプライズで瀧本監督から労(ねぎら)いの手紙をもらうと、「嬉しいです……監督とやれてよかった」と搾り出すように語り、男泣きした。

・『去年の冬、きみと別れ』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、芥川賞作家・中村文則の小説を、映画『能男』などの瀧本智行監督が大胆なアレンジを加え映画化。盲目の女性の不審死を追うジャーナリストの耶雲恭介(やくも・きょうすけ/岩田)が、真実を追い求めていくうちに大きな闇に取り込まれていく姿を描いた壮大なサスペンス。

物語は前後半で大きく様相が変わり、演者も台本を読んだだけでは、映像が全く想像できないという難解な作品。瀧本監督は「俳優陣にも求めることが多く、大きな負荷がかかったと思う」と語っていたが、なかでも、主演をつとめた岩田には大きなプレッシャーがのしかかっていたという。

そうした中、見事に耶雲という難解な役を演じきった岩田に瀧本監督はサプライズで手紙を贈る。「あなたはスマートな見かけによらず、案外不器用な方です。クランクイン前から本読み、リハーサル、カメラテスト、何度も芝居の稽古を繰り返しました。器用な役者ならすぐにこなすことにも時間がかかりました。僕はたくさん要求し、注文しました。あなたは人知れずプレッシャーと闘いながら、もがき苦しんだろうと思います」と手紙が読まれると、岩田の表情に変化が起こる。

続けて「撮影が進むうち、次第にあなたの顔つきが変わっていきました。いつからかオーラをまとうようになりました。内心僕は驚いていました、心を揺さぶられていました。人より時間はかかったかもしれない。でも、だからこそ誰よりも深く恭介という役を理解し、岩田剛典にしか演じられない魅力的な主人公を作り上げたと思います。僕が駆け出しの助監督の頃、大先輩から『器用な奴はすぐに答えにたどり着く。でも不器用な奴しかその先にはたどり着けない』と言われました。あなたを見ていてそんな言葉を思い出しました。今後とも愚直にひたむきにもがき続けてください」と綴られると、岩田の目からは涙がこぼれ落ちる。しばらく言葉が出なかった岩田だが「すごく嬉しいです」と涙をぬぐうと「監督と一緒にやれてよかったです。またいつか、ほかの作品で監督とご一緒できるまで、役者として成長した姿を見せたいです」と噛みしめるように語っていた。
(text&photo:磯部正和

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.