くらし情報『17歳女子高生が、なぜ冴えない45歳に恋したのかが明かされる予告編解禁』

17歳女子高生が、なぜ冴えない45歳に恋したのかが明かされる予告編解禁

2018年3月11日 06:48
 

17歳女子高生が、なぜ冴えない45歳に恋したのかが明かされる予告編解禁


『恋は雨上がりのように』
(C) 2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C) 2014 眉月じゅん/小学館

小松菜奈大泉洋のW主演で、眉月じゅんによる同名人気コミックを実写映画化する『恋は雨上がりのように』の予告編が解禁となった。

・『恋は雨上がりのように』、その他の場面写真

物語は、陸上の夢をケガで絶たれてしまった主人公の女子高生・あきら(小松菜奈)が、偶然訪れたファミレスで店長・近藤(大泉洋)の優しさに触れたことで、彼に片思いをしてしまうところからスタート。あきらは17歳、近藤は45歳と、年の差は実に28歳。若さゆえに真っ直ぐにぶつけてくるあきらの思いは、近藤にとっては全く予想もしていなかったことで、それゆえに近藤は戸惑い、あたふたしてしまう。

解禁となった予告編は、「真っ直ぐすぎる女子高生とさえないファミレス店長」というナレーションが入り、店員の「バツイチ、子持ち、一生店長止まりのタイプよ、あれは」という店長評がかぶさる幕開け。続いて描かれていくのが、17歳の女子高生・あきらが、まわりからもバカにされるようなさえない45歳の店長に、どうして思いを寄せるようになったのか? というヒント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.