くらし情報『三浦春馬主演で伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集を映画化!』

三浦春馬主演で伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集を映画化!

2018年3月11日 15:25
 

三浦春馬主演で伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集を映画化!


三浦春馬主演で伊坂幸太郎の恋愛小説集「アイネクライネナハトムジーク」を映画化

三浦春馬主演で、伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集「アイネクライネナハトムジーク」が映画化されることがわかった。『こっぴどい猫』(12年)や『パンとバスと2度目のハツコイ』(公開中)などの作品で知られ、“ダメ恋愛映画の旗手”とも称される新鋭・今泉力哉監督がメガホンをとる。

・[動画]三浦春馬が女性ファンを悩殺! プレゼントを手渡され「とろけそう」

原作は2014年に単行本が発売され、17年に文庫化、現在に至るまでに42万部(電子書籍を除く)を売り上げるベストセラー。「アイネクライネ」に始まり「ナハトムジーク」で終わる6章の短編から成る1冊の本で、実はこの本が生まれるきっかけとなったのはアーティストの斉藤和義だった。

もともと伊坂が会社勤めをしていた頃、斉藤の「幸福な朝食 退屈な夕食」を聞いて退職を決意し、執筆活動に専念することを決めたという逸話がある。2人の交流は、斉藤が伊坂に“出会い”をテーマに作詞を依頼したことに始まる。この依頼を受け、斉藤の大ファンである伊坂は、苦手な恋愛モノでも「作詞はできませんが、小説を書くことならば」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.