くらし情報『土屋太鳳と芳根京子W主演『累』に横山裕、檀れい、浅野忠信が出演』

土屋太鳳と芳根京子W主演『累』に横山裕、檀れい、浅野忠信が出演

2018年3月29日 11:37
 

関連リンク

・映画『ピーターラビット』続編決定、ベストセラー絵本が再び実写化 - 20年2月に全米公開へ
・中村倫也「数年前からは信じられない状況」上半期回顧で思いつづる
・中村倫也、上半期を振り返り「ほんと数年前からは信じられない状況です」
土屋太鳳と芳根京子W主演『累』に横山裕、檀れい、浅野忠信が出演


『累-かさね-』ポスタービジュアル
(C) 2018映画「累-かさね-」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社

土屋太鳳芳根京子のW主演で実写映画化が発表されている『累-かさね-』。この作品の追加キャストとして横山裕関ジャニ∞)、檀れい浅野忠信が出演することとポスタービジュアル、特報が解禁となった。

土屋太鳳主演、北村匠海ら人気若手俳優共演で「春待つ僕ら」を実写映画化

原作は、現在12巻が発売され累計発行部数200万部突破する、イブニング新人賞出身の新しき才能・松浦だるまが放つ“美醜”をテーマにした同名人気コミック。伝説の女優を母に持つ淵累(ふち・かさね)は、天才的な演技力を持って生まれながらも、自らの醜い容貌に強いコンプレックスを抱いてきた。一方、舞台女優の丹沢(たんざわ)ニナは、美貌に恵まれながらも女優として花開かずにいた。そんな2人が、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれて出会ったとき、運命の歯車が動き出す。

NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインを演じた土屋が、美貌に恵まれながらも女優として花開かずにいた丹沢ニナ役。『べっぴんさん』でヒロインを演じた芳根が自らの醜い容貌に強いコンプレックスを抱いてきた淵累役に扮する。朝ドラで主演した2人が、口紅の力で “キス”をした相手と顔が入れ替わるという設定を踏まえ、1人2役(累&ニナ)=2人1役に挑戦。初共演の2人が累とニナという人物を演じ分ける。

関ジャニ∞のメンバーである横山が演じるのは、ニナと累の2人から愛され、2人の対立を生むきっかけとなる新進気鋭の演出家・烏合零太(うごう・れいた)役。檀が累の母で、その美貌と演技力から“伝説の女優”の名をほしいままにしていた淵透世(ふち・すけよ)役。浅野が淵透世の過去と口紅の秘密を知る元演出家で、累とニナを引き合わせ、顔の交換を提案して2人の人生を大きく変えていく羽生田釿互(はぶた・きんご)役に扮する。

本作出演に横山は「僕が演じる烏合の役柄は、舞台にかける一切妥協しない強い情熱を持っている演出家です。とっつきにくいタイプと思われがちですが、新星のニナが現れて心を揺さぶられていく姿が、とても人間らしくて僕自身も好きなキャラクターでもあります。ラブシーンに関しては、ここまでガッツリなのは今までになかったので、新しい経験をさせていただきました。土屋さんと芳根さんの演技に対する熱量の高さ、本当に現場でひしひしと感じ、この映画『累』の世界観にみなさんも圧倒されると思います。朝ドラを主演したお2人の芝居熱と、俳優陣の化学変化をぜひともご期待ください」とのコメントを寄せている。

また、解禁となった第1弾ポスタービジュアルは“秘められたキス”をテーマにしたもの。累とニナがキスをして顔を交換しようとする、まさにその瞬間がミステリアスな雰囲気の写真で大胆に表現されている。一方、解禁となった特報は、土屋と芳根という若手屈指の人気清純派女優が、前半の妖艶な雰囲気から一転、後半では激しく罵り合い、揉み合う衝撃の映像となっている。

『累-かさね-』は9月7日より全国東宝系にて公開となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.