くらし情報『木梨憲武、『いぬやしき』撮影現場で焼き鳥屋を開業!?』

木梨憲武、『いぬやしき』撮影現場で焼き鳥屋を開業!?

2018年3月29日 21:25
 

関連リンク

・井浦新&成田凌に歓声! レッドカーペットで存在感 - 沖縄国際映画祭
・ガレッジセール・ゴリにエール 監督作品のモスクワ映画祭招待で「もう1つの扉が開く」<洗骨>
・池田エライザ、真っ赤なドレスで色っぽく 沖縄で“3日連続”食べた大好物とは<第10回沖縄国際映画祭>


木梨憲武

映画『いぬやしき』完成披露試写会が、3月29日、この日オープン初日を迎えたTOHOシネマズ 日比谷で行なわれ、主演をつとめるとんねるずの木梨憲武をはじめ、佐藤健本郷奏多三吉彩花佐藤信介監督が登壇した。

・『いぬやしき』完成披露試写会、その他の写真

本作は、『GANTZ』でもタッグを組んだ奥浩哉原作×佐藤信介監督という組み合わせの新感覚バーチャルムービー。突然起きた事故をきっかけに超人的な能力を得たおじさんサラリーマンと、同様の能力を得た高校生が、それぞれ違う目的で力を行使しようとすることによって起こる騒動を描く。

木梨にとって、約16年ぶりの主演映画となったが「私は56歳ですが、じじいでよかった。じじいだからこそ、この役がやれた」と笑顔を見せると「いまから約1年前に2ヵ月間かけて撮影しましたが、撮影後も、編集の現場などに伺ったりして、待ちに待っていました。ようやくこの日が来ました」と感無量な表情を浮かべる。

共演の佐藤も「個人的に自分の芝居には反省点が多く、恥ずかしさはありますが、そんなことが関係ないと思えるぐらい、VFXの技術が衝撃的で『日本映画はここまできたか』と思いました」と出来に自信をのぞかせる。

佐藤監督も「いろいろな部分にCGが使われているのですが、木梨さんや佐藤さんの一部もCGで表現されているところがある」と語ると「日本映画でも初めての試みというところが多く、テストで作った映像を見たときは僕も驚いたぐらいです」とクオリティの高さをアピールする。

凝りに凝った映像を作り出すため、待ち時間が多かったという本撮影。現場には焼き鳥の屋台などもあったというが、木梨と父娘を演じた三吉は「待ち時間にスタッフさんとコミュニケーションをとることが多かったのですが、スタジオの外からいい匂いがするので、のぞいてみると木梨さんが焼き鳥を焼いているんですよ」と証言。

すると木梨は「待ち時間はほぼすべてお店を開いているところで焼き鳥焼いていましたね。焼き鳥を焼いている合間に、佐藤監督のところにいって1〜2秒撮影して、また火加減を調節しに屋台に戻るという感じ」と思わぬ発言で会場を沸かせた。

撮影でも、撮影の外でも映画を堪能したという木梨は「この撮影チームはものすごく人が多く驚いた。久しぶりに、作品を作って行くことの美しさを味わえました」と語ると、「この作品によって生まれ変わった気分。CGが多く、現場では裸でマーキングされることが多かった。僕の身体的なデータは佐藤監督がすべて持っているので、これからはCG男優としてやっていきたい」と壮大(!?)な抱負を語っていた。

『いぬやしき』は4月20日より全国公開となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.