くらし情報『松田龍平と野田洋次郎、プライベートでも仲良しの2人が互いの印象語る』

松田龍平と野田洋次郎、プライベートでも仲良しの2人が互いの印象語る

2018年4月10日 12:49
 

関連リンク

・『銀魂2(仮)』、渾身の無駄遣い特報! 本編未完成のため〇ーベル風
・「恵比寿ガーデンプレイス、1時」のセリフに歓喜…「花のち晴れ」2話
・山本美月「語彙力が…」撮影エピソードに共演者ツッコミ<友罪>


左から瀬川晶司五段、松田龍平野田洋次郎豊田利晃監督

松田龍平主演で、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の同名小説を映画化した『泣き虫しょったんの奇跡』。この作品のヒット祈願&記者会見が4月9日に勝負の神様で知られる東京・渋谷区にある鳩森八幡神社の将棋堂で行われ、松田をはじめ、人気ロックバンドRADWIMPS野田洋次郎豊田利晃監督、プロ棋士・瀬川晶司五段が出席した。

・[動画]『泣き虫しょったんの奇跡』特報

本作は幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川五段の自伝的小説が原作で、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」という新進棋士奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう主人公の瀬川役を松田が演じ、主人公の親友であり最大のライバル・鈴木悠野役にプライベートでも松田と親交の深い野田が扮する。『青い春』『クローズEXPLODE』の豊田監督がメガホンをとる。

まずは、奉納されている有名な「王将」の大駒の前で4人揃ってヒット祈願を行った後、記者会見が行われた。いよいよ公開に向けて動き出す本作について、主演の松田は「素晴らしい映画になったので、映画の神様が降りたなと思います。今日は将棋の神様にヒット祈願したので、微笑んでくれたら」と挨拶。

本作の脚本や原作の印象に関する質問では、松田が「瀬川さんがとても正直に気持ちを書いていらっしゃるなと思って、僕もすべて出し切ってやりたいなと思いました」と話し、野田は「将棋を全く知らなくても“人生の本”としてすごく面白かったし、こんな人生があるんだとびっくりして。『龍平、絶対やったほうがいいな』と思ったし、参加できるのであればぜひ参加したいと思わされました」と語った。

松田と豊田監督は本作で、『青い春』以来16年ぶりの本格タッグとなった。そのことについて松田は「楽しみでした。『青い春』から単独主役の機会がなかったので、気合が入りました。またやれて嬉しいです」と喜びのコメント。豊田監督も「いつも松田龍平主演でどんな映画が作れるか考えている。今回も面白かったです」と語り、両者の“相思相愛”ぶりを伺わせた。

また、公私ともに仲良しでありながら映画初共演となった松田と野田は互いの印象について、「(野田は)才能が溢れ出ている。ミュージシャンとは思えないというか、逆に役者じゃないからそういう空気感が出せるのかな」(松田)、「僕が参加した時はすでに現場の空気が出来ていたし、龍平もそこに主演としていたし、圧倒されました」(野田)と話していた。

『泣き虫しょったんの奇跡』は2018年秋より全国公開となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.