くらし情報『ももクロ百田夏菜子画伯の絵に、場内ざわつく』

ももクロ百田夏菜子画伯の絵に、場内ざわつく

2018年4月15日 08:31
 

関連リンク

・三代目 J Soul Brothers 登坂広臣&今市隆二、初の全国ソロツアー開催決定
・遠藤憲一が小学生とコンビを組む!? 木内一裕原作「アウト&アウト」映画化
・一人暮らしの家具は何が必要?家具の種類とおしゃれな配置の方法をご紹介♪


ももいろクローバーZ百田夏菜子

『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 〜拉麺大乱〜』公開記念舞台挨拶が4月14日にTOHOシネマズ 日比谷で行なわれ、ゲスト声優をつとめたももいろクローバーZ百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏高城れに関根勤、レギュラー声優の矢島晶子ならはしみき森川智之高橋渉監督、野原しんのすけ、みさえ、ひろし、ひまわりの着ぐるみたちが登壇した。

・『映画クレヨンしんちゃん』公開記念舞台挨拶、その他の写真

本作は、人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場版第26弾。しんのすけたちカスカベ防衛隊が、伝説のカンフー“ぷにぷに拳”を駆使して大活躍する姿を描いたおバカンフーアクション超大作。

劇中、ももクロは、主題歌「笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜」を担当するほか、アイドルグループ「くろぐろクローバーZ」として食べると病みつきになってしまうブラックパンダラーメンを世の中に広めるために活躍。そんな本作にちなんで、登壇者の“病みつき”なものを絵で紹介することに。

関根が「シュークリーム」、佐々木が「韓国のり」、玉井が練習中という「バク転」、高城が「リップ」の絵を描く中、百田のフリップには、耳になにやら黒い点がついた絵が。場内がなんともいえないざわつきに包まれると、百田は「イヤリングですよ」と強調する。関根から「ほくろかと思った」と突っ込まれると「この絵が世に出てしまうと思うと…」と恥ずかしそうに下を向いていた。

またこの日は、高城が「みさえさんと私のお母さんは骨格も声も、しゃべり方もそっくりなんです」と発言すると、しんちゃんのモノマネを披露。そのクオリティがあまりにも高く、場内から大歓声が上がると、みさえは「もっと可愛らしくすると思っていたら本物じゃん」と驚きをみせていた。
(text&photo:磯部正和

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.