くらし情報『松坂桃李、濡れ場の長時間撮影に「服、着させてくれ!」』

松坂桃李、濡れ場の長時間撮影に「服、着させてくれ!」

2018年4月16日 21:52
 

関連リンク

・吉沢亮&EXILE佐藤大樹、“ご褒美”で肩組み密着 桜井日奈子と女子大をサプライズ訪問<ママレード・ボーイ>
・ヒョンビンが詐欺師に!『スウィンダラーズ』7月7日公開決定
・R18で異例の反響「娼年」松坂桃李と交わる“男性”猪塚健太、8kg減の裸体…身を削って魅せた特殊な性的快感とは


松坂桃李

松坂桃李が娼夫役を演じた話題作『娼年』の大ヒット記念女性限定上映会が4月15日にTOHOシネマズ 日比谷にて開催され、松坂が舞台挨拶に登壇した。

・[動画]松坂桃李主演、センセーショナルな恋愛小説を映画化!『娼年』 予告編

本作は、2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良原作の同名恋愛小説を、2016年の舞台版同様、松坂桃李×三浦大輔コンビで映画化したもの。

松坂は客席がどこもかしこも女性ばかりで、しかも彼女たちが先ほどまで松坂の濡れ場を鑑賞していたという状況に「これはハードプレイですね(笑)。たまげます」と困惑気味で、主演にも関わらず「アウェー感が…」と苦笑いを浮かべた。
 
また、4月6日の公開初日以降、連日のように都内各所で本作が満席になっているとの情報に、松坂は「『コナン』でも『リメンバー・ミー』でもなく? すごいですねぇ」と感嘆。決して公開規模が大きいとは言えず、R18+指定ということもあり、公開前のテレビでのプロモーション活動も限られており「鶴瓶さんとちょっと話して(『A-Studio』、『巷(チマタ)の噺』)、徹子さんの部屋にお邪魔した(『徹子の部屋』)くらいだったんですけど。この作品は、見てくださったみなさんの支えでいろんな人に広まっているんだということを強く感じています」と見た人の口コミでの広まりに感謝の言葉を口にした。
 
さらに、物語が進むにつれて肉体もシャープになっていると指摘されると「それは撮影のつらさでそうなりました」と苦笑い。朝から深夜まで、濡れ場を撮りっぱなし過酷な撮影を振り返り「濡れ場をそんなに長時間やることもなかなかないし、やるもんじゃないですよ(笑)。ずっと裸で、風邪ひくかと。『服、着させてくれ!』って感じになってました」と述懐。

「だんだん、慣れてきて抵抗がなくなるんですね。(現場でスタッフや監督が発する)『ここ』とか、細かいワードが卑猥な部分だったりするんですけど、だんだん恥ずかしげなく発言するようになって、現場は卑猥な言葉ばかりでした。(卑猥な言葉ばかりが飛び交うので)メイキングが撮れない(笑)」と現場の様子を振り返っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.