くらし情報『『幕が上がる』のももクロ×本広克行が再タッグ! ミュージカル上演決定』

『幕が上がる』のももクロ×本広克行が再タッグ! ミュージカル上演決定

2018年5月24日 09:54
 

『幕が上がる』のももクロ×本広克行が再タッグ! ミュージカル上演決定


ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZが主演し、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行の監督・演出で映画と舞台になった『幕が上がる』。あれから3年。ももクロと本広が再びタッグを組んだミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」の上演が決定した。

・[動画]『幕が上がる』予告編

2018年5月でデビュー10周年を迎えたももクロ。この10年の歩みの中で生まれた数々の楽曲は、私たちをハッピーにし、時には心の痛みの代弁者となり、ちょっと傷ついた心を癒し、勇気を与えてくれた。本舞台は、そんな珠玉のナンバーを織り込みながら創作する“ジュークボックスミュージカル”。

主演をつとめるのはもちろん、百田夏菜子玉井詩織高城れに佐々木彩夏のももクロメンバーたち。演じるのは高校でダンス部に所属しているカナコ、シオリ、レニ、アヤカ役。4人は近々に控えたダンス大会に向け、毎日稽古に励んでいたが、大会を明日に控える中、悲劇に見舞われてしまうところから物語は展開する。

今回のミュージカルについて、演出の本広は「前回、一緒に創った2015年に舞台版『幕が上がる』では、メンバーたちが普段は得意としている歌も踊りも封印して、話し言葉に特化した演劇に専念してもらいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.