くらし情報『ジョージ・クルーニーがバイク事故、9メートルも投げ出される』

ジョージ・クルーニーがバイク事故、9メートルも投げ出される

2018年7月13日 17:33
 

ジョージ・クルーニーがバイク事故、9メートルも投げ出される


ジョージ・クルーニー

ジョージ・クルーニーが10日(現地時間)、イタリアのサルデーニャ島でオートバイを走行中に交通事故に遭い、病院に緊急搬送された。

・原因はパパラッチ? ブラピがバイクで転倒

クルーニーは同島オルビアの公道でバイクに乗っていたところ、前方に割り込んできた対向車と正面衝突した。クルーニーは車のフロントガラスに突っ込んだ後、バイクから投げ出され、約9メートルの距離を飛ばされ、路上に転倒した。

事故が起きたのは午前8時15分頃で、対向車の運転手は直ちに救護を要請し、クルーニーは警官に付き添われて近隣の病院に緊急搬送された。

時速約96キロで走行中の事故で、ヘルメットが粉砕するほどの衝撃を受けたのだが、幸い骨折などはなく、腕や脚の打撲や骨盤の軽傷のみで異常は見つからず、午前10時に病院を出て、自宅療養に移った。病院側は念のため、20日間は外来で経過観察を続けるとしている。

クルーニーは同島で監督作『Catch-22(原題)』を撮影していた。事故から2日後にはプライベートジェットで移動するため、妻子を伴って空港を訪れたが、手すりにつかまるなどしながらも、しっかり自分の足で歩いていた。無理は禁物だが、大事に至らず何よりだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.