くらし情報『佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星、韓国・台湾での上映決定に大喜び!』

2018年7月17日 11:23

佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星、韓国・台湾での上映決定に大喜び!

佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星、韓国・台湾での上映決定に大喜び!


左から高杉真宙佐野玲於中川大志横浜流星

佐野玲於中川大志高杉真宙横浜流星が7月16日に丸の内ピカデリーで開催された映画『虹色デイズ』の“虹の日”舞台挨拶に登場。映画公式ツイッターに寄せられた質問に答えた。

・『虹色デイズ』“虹の日”舞台挨拶、その他の写真

「あまり目立たないシーンだけど注目してほしいシーンは?」という質問に、中川が屋上の場面を紹介。「みんな汁物のカップ麺を食べていて、恵一(横浜の役名)だけが焼きそばだったんです。そうしたら湯切りした後に、フタの内側についているかやくをパンパンパンパンと指で弾いているんですよ。こっちは真面目に芝居をしているんですが、横からパンパンと聞こえてきて。それが面白すぎましたね」と答え、会場が笑いの渦に。

「芸能界に入っていなかったら、どんな職業についていましたか?」という進路に悩んでいる高校3年生からの質問には、それぞれが回答。「小学校からダンスをやっていたので、ダンスを教える先生になっていたかもしれないですね」(佐野)、「建築とか、建物のデザインに興味がありました」(中川)、「父が大工だったので大工か、あとは空手をずっとやっていたので格闘家ですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.