くらし情報『頼りないパパの胸がチクチク(汗)…“子育てあるある”が生々しすぎる!』

頼りないパパの胸がチクチク(汗)…“子育てあるある”が生々しすぎる!

2018年8月17日 20:07
 

頼りないパパの胸がチクチク(汗)…“子育てあるある”が生々しすぎる!


『タリーと私の秘密の時間』
(C)2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

【映画を聴く】『タリーと私の秘密の時間』前編
「サプライズ」と「ミステリアス」を見落とすな!

仕事も家事も育児も、常に完璧を目指す主人公のマーロ。40代にして3人目の出産を経験したところで心と身体が悲鳴を上げ、夜限定のベビーシッターのタリーを雇うことに。その文句ない仕事ぶりのいっぽうで、タリーは多くの謎に包まれていた……。

・ワンオペ育児で疲労困憊ママに共感相次ぐ! 温かな眼差し貫く名匠に聞く/『タリーと私の秘密の時間』監督インタビュー

「かつて夢見た“未来”とは違う“今”にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー」──『タリーと私の秘密の時間』のパンフレットには、そんなコピーが添えられている。ここで見落としてはいけないのが「サプライズ」と「ミステリアス」という言葉だ。

確かに本作は、子育て世代のお母さんたちへのエールや、頼りないお父さんたちへの叱咤激励といった要素を多分に含んでいる。しかしその描写は、よくある感動系リフレッシュ・ムービーのように綺麗で最大公約数的なものではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.