くらし情報『2019年は興収200億円級がそろい踏み! 歴代最高記録の更新も!?』

2019年1月3日 10:14

2019年は興収200億円級がそろい踏み! 歴代最高記録の更新も!?

2019年は興収200億円級がそろい踏み! 歴代最高記録の更新も!?


『天気の子』公式サイトより

19年に注目したい映画界5大トピックをまとめた。

・2018年、一人勝ち映画会社は東宝! 16年連続1位の強すぎる中味とは?

(1)年間総興行収入が歴代最高記録を更新する可能性大
年間総興行収入で歴代最高が16年の2355億円。同年は『君の名は。』250.3億円を筆頭に、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(116.3億円、15年12月公開だが、興収の大半は16年に含まれる)、『シン・ゴジラ』82.5億円とメガヒット作が連発した。
一方、19年は16年を上回るメガヒット期待作が目白押し。『君の名は。』が250.3億円をあげた新海誠監督の新作『天気の子』、255億円をあげた『アナ雪』の続編『アナと雪の女王2』と「興収200億円級」が2本揃ったのをはじめ、前作が108億円をあげた『トイ・ストーリー4』、『美女と野獣』(124億円)を参考にすると「100億円級」が期待できる実写版『アラジン』『ライオン・キング』とディズニー映画に期待作が多い。

(2)「映画館激戦区」池袋にシネコン。20年には2つめのシネコンも
池袋は映画館激戦区だ。シネマサンシャイン池袋(6スクリーン)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.