くらし情報『米国アカデミー賞に日本映画『万引き家族』『未来のミライ』がノミネート!』

2019年1月23日 09:59

米国アカデミー賞に日本映画『万引き家族』『未来のミライ』がノミネート!

米国アカデミー賞に日本映画『万引き家族』『未来のミライ』がノミネート!


『万引き家族』
(C) 2018『万引き家族』 製作委員会

第91回アカデミー賞のノミネーションが1月22日(日本時間)に発表となり、日本映画では是枝裕和監督作『万引き家族』と細田守監督作『未来のミライ』の2作品が見事にノミネートをはたした。

・『万引き家族』『未来のミライ』がゴールデングローブ賞ノミネート!

是枝監督の『万引き家族』がノミネートされたのは外国語映画賞。日本映画が同賞にノミネートされるのは第81回アカデミー賞で同賞に輝いた滝田洋二郎監督作『おくりびと』以来10年ぶりとなる。外国語映画賞ノミネート作品は以下の5作品。

『カペナウム(原題)』(レバノン)
『COLD WAR あの歌、2つの心』(ポーランド)
『ネバー・ルック・アウェイ(原題)』(ドイツ)
『ROMA/ローマ』(メキシコ)
『万引き家族』(日本)

細田監督の『未来のミライ』がノミネートされたのは長編アニメーション映画賞。同賞に日本映画がノミネートされるのは、スタジオジブリ作品以外としては初となる。今回のノミネーションに細田監督は「『未来のミライ』が、第91回アカデミー賞にノミネートされたと聞き、ただただ驚いています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.