くらし情報『「ビバヒル」ルーク・ペリーが52歳の若さで急逝』

2019年3月8日 21:03

「ビバヒル」ルーク・ペリーが52歳の若さで急逝

「ビバヒル」ルーク・ペリーが52歳の若さで急逝


シャナン・ドハーティーのInstagramより

「ビバヒル」の愛称で日本でも親しまれた90年代の人気ドラマ『ビバリーヒルズ高校(青春)白書』でディラン・マッケイを演じたルーク・ペリーが52歳の若さでこの世を去った。

ルークは1日(現地時間)に重度の脳卒中に襲われ、病院に緊急搬送されたが、4日(現地時間)に2人の子どもと彼らの母親である前妻のミニー・シャープ、婚約者、ルークの母親に見守られて息を引き取った。

オハイオ州出身で高校卒業後に俳優を目指してロサンゼルスへ移住。24歳で『ビバリーヒルズ高校(青春)白書』の主要キャラクター、ディラン役に抜擢され、一躍人気者になった。番組を一度降板した後、復帰し、その後は映画やドラマで活躍。最近ではNetflixの人気シリーズ『リバーデイル』に出演し、遺作となるのはクエンティン・タランティーノ監督の最新作でレオナルド・ディカプリオブラッド・ピット共演の『Once Upon a Time(原題)』。

ディカプリオはツイッターで「ルーク・ペリーは心優しく、信じられないほど才能あるアーティストでした。彼と一緒に仕事ができて光栄でした。私の心と祈りを彼と彼を愛する人々に捧げます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.