くらし情報『二階堂ふみ、“生理に悩む女性役”でハジける!『生理ちゃん』映画化』

2019年3月29日 07:00

二階堂ふみ、“生理に悩む女性役”でハジける!『生理ちゃん』映画化

二階堂ふみ、“生理に悩む女性役”でハジける!『生理ちゃん』映画化


(C)吉本興業(C)小山健/KADOKAWA

二階堂ふみ主演で、生理を擬人化し、ポップに表現した短編コミック『生理ちゃん』が映画化されることが決定した。共演は伊藤沙莉松風理咲岡田義徳ら。

・男役を申し出た二階堂ふみ斎藤工の映画愛実現…原作あり映画はコレに注目!

原作コミックは、女性から「共感しかない」と評され、オモコロで累計1000万PVを超えるほどの人気を博す、小山健作の「ツキイチ!生理ちゃん」。2018年6月に書籍化され、すでに7刷となっている。マンガとして面白いだけでなく、感動する物語や名言も多く、女性だけでなく、男性が生理を理解するきっかけとなるなど、幅広い支持と共感を集めている。

映画は、編集者として働く貴子(二階堂)を中心に、生理に悩む女性たちの物語。仕事と恋の間で迷う貴子、清掃の仕事をしながら、人生の転機を迎えるりほ(伊藤)、恋を発展させたい受験生のひかる(松風)らの、それぞれの人生模様が、生理と向き合う姿を交えながら、コミカルに描かれていく。

二階堂は、「思わずクスッと笑ってしまうシュールな世界観と、多くの女性が共感する身体の変化や人生のタイミングについて描かれている原作に惹かれました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.