くらし情報『酒の勢いで日本人女性と結婚!? ニコラス・ケイジが挙式4日後に婚姻取り消しを申請』

2019年4月1日 20:08

酒の勢いで日本人女性と結婚!? ニコラス・ケイジが挙式4日後に婚姻取り消しを申請

酒の勢いで日本人女性と結婚!? ニコラス・ケイジが挙式4日後に婚姻取り消しを申請


ニコラス・ケイジ

先週、日本人の女性との電撃結婚が報じられたニコラス・ケイジだが、なんと結婚届提出の4日後に、婚姻関係取り消しを裁判所に申請した。

・大粒ダイヤにうっとり! A・ロドリゲスがJ・ロペスにサプライズ求婚

ニコラスは3月23日(現地時間)にアメリカのネバダ州ラスベガスで日本人のメイクアップ・アーティスト、エリカ・コイケさんとの結婚許可証を取得、そのまま裁判所で簡易挙式し、婚姻証明書を得て正式に結婚したことになっていたが、再び裁判所を訪れて婚姻無効を申請した。

イギリスの大衆紙「Daily Mail」は、ニコラスの弁護士が裁判所に提出した書類によると、23日は2人とも泥酔状態で、酔いに任せて発作的に行動してしまったと報じている。

ラスベガスのカジノでは挙式数時間前に、ニコラスとコイケさんが口論しているのが目撃されている。実際、結婚許可証取得のため裁判所に現れたニコラスは彼女に向かって「俺は(結婚)しない!」と叫んだかと思えば、「結婚してと頼んでない」と言うコイケさんに「行くぞ!」と裁判所の中に連れていく映像が残されている。

ニコラスは1995年にパトリシア・アークエットと結婚し、2001年に離婚。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.