くらし情報『松雪泰子が悲哀とおかしみ溢れる中年OLに!シソンヌ・じろうの原作を映画化』

2019年4月3日 06:00

松雪泰子が悲哀とおかしみ溢れる中年OLに!シソンヌ・じろうの原作を映画化

松雪泰子が悲哀とおかしみ溢れる中年OLに!シソンヌ・じろうの原作を映画化


(C)吉本興業

松雪泰子主演で、お笑い芸人シソンヌ・じろうの同名小説が『甘いお酒でうがい』として映画化されることが発表された。じろう自身が脚本も手がける。

松雪泰子橋本愛成海璃子ら美女揃い踏み!『古都』初日舞台挨拶

松雪が演じるのは、シソンヌのじろうが長年コントで演じてきた架空の中年OL・川嶋佳子。どこにでもいる40代女性の平凡な日常と悲哀を、抜群の演技力と面白さで表現。今やシソンヌのコントを代表するキャラクターの1人となっている。

本作は、そんな川嶋佳子が日記を書いたならという着想から誕生したじろうの小説「甘いお酒でうがい」の映画化作品。映画『美人が婚活してみたら』でもじろうとタッグを組んだ大九明子監督がメガホンをとり、佳子の後輩である“若林ちゃん”を黒木華が、佳子が好意を寄せる2周り年下の男の子“岡本くん”を清水尋也が演じる。

撮影を終えた松雪は「『川嶋佳子』という人物が、とても複雑でちょっと残念で、後ろ向きだけどポジティブで、本当に魅力的な女性なので、じろうさんの独特な視点と大九監督のリズムが合わさった“佳子ワールド”を楽しんでもらえたらと思います」とコメント。

じろうは「川嶋佳子さんの日記が映画化されるそうですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.