くらし情報『新海誠監督最新作『天気の子』の音楽をRADWIMPSが担当!予告篇解禁』

2019年4月10日 12:59

新海誠監督最新作『天気の子』の音楽をRADWIMPSが担当!予告篇解禁

新海誠監督最新作『天気の子』の音楽をRADWIMPSが担当!予告篇解禁


RADWIMPS

新海誠監督の最新作『天気の子』の音楽をRADWIMPSが担当することが決定し、その主題歌の1つであるRADWIMPSの新曲を使用した予告篇が解禁となった。『君の名は。』から3年。新海誠監督とRADWIMPSが再びタッグを組む。

新海誠最新作『天気の子』、新海ワールド全開の場面写真解禁!

本作は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を選択する物語。東京にやってきた家出少年・帆高(醍醐虎汰朗)が出会った不思議な力を持つ少女・陽菜(森七菜)。2人の恋の物語が、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれていく。

新曲のタイトルは「愛にできることはまだあるかい」。新海監督はこの楽曲を受け取ったことで「これは作るべき映画になる」と強く思えたと語る。解禁となった予告篇は、新海監督が自ら編集したもので、空や雨など、美しく繊細に描かれた新海ワールドに、RADWIMPSの詩(うた)とメロディーが彩りを加え、最新作のテーマを最大限に引き出した映像に仕上がっている。

再び新海監督とタッグを組み、『天気の子』の音楽を担当することについて、RADWIMPSは「2017年の夏、不意に監督から『脚本を読んでもらえませんか?』というメールを頂きました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.