くらし情報『映画初主演の松重豊に、北京で鳴り止まない「マツシゲサン」コール!』

2019年4月15日 14:23

映画初主演の松重豊に、北京で鳴り止まない「マツシゲサン」コール!

映画初主演の松重豊に、北京で鳴り止まない「マツシゲサン」コール!


細川徹監督と松重豊

日本を代表する名バイプレーヤー松重豊の初主演映画となる『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』。この作品のワールドプレミアが4月13日に第9回北京国際映画祭で行われ、松重をはじめ、細川徹監督、前田浩子プロデューサーが舞台挨拶に登壇した。

・『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』ワールドプレミア、その他の写真

原作は、作家・ヒキタクニオが自らの“男の妊活”体験をもとに書き上げた同名エッセイ。男性不妊という現実にショックを受けながらもを受け止め、全力で妊活に取り組む主人公・ヒキタクニオを松重が、そんなヒキタを懸命に支え励ます、ふたまわり近く年下の妻・サチを北川景子が演じ、どんな困難に直面しても支え合い、明るく前向きに乗り越えていく夫妻の姿をユーモラスで抒情的に描いていく。

上映後に行われた舞台挨拶で松重は「私は松重豊です。映画は面白かったですか? みなさん、今日はありがとうございます」と中国語で挨拶。映画に初主演したことについて「これまでと違ったことはありましたか?」と尋ねられると、「主演も脇役も意識をして仕事をしたことはない」と答えたものの、「やっぱり主演ということでクランクインからアップまで誰も余計な緊張をすることなく、リラックスして集中できる時間を作れるように、空間作りを心がけました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.