くらし情報『『おっさんずラブ』『きのう何食べた?』の次に来るのもソフトタッチだと予想していたら…』

2019年5月3日 21:39

『おっさんずラブ』『きのう何食べた?』の次に来るのもソフトタッチだと予想していたら…

『おっさんずラブ』『きのう何食べた?』の次に来るのもソフトタッチだと予想していたら…


「性の劇薬」

(…「1 めちゃくちゃ過激なBLコミックがまさかの実写映画化‼」より続く

【BL映像化あれこれ 2】
ニアBLやブロマンス系かと思っていたのに…

「性の劇薬」というタイトルも内容も過激なBLコミックが実写映画化されることとなった! 次にBL系で実写化されるなら、ソフトタッチで実写化しやすい人気BL作家が一般誌で発表しているニアBLものかと予想していたのだが。

例えば、ヨネダコウの「Op オプ 夜明至の色のない日々」など適しているんじゃないかと思う。ヨネダコウは腐女子で嫌いな人はいないんじゃないか?と言いたくなるほどの神作家で、フジテレビが立ち上げたBLに特化したアニメレーベル“BLUE LINX”の第1弾に選んだのが、ヨネダコウ原作の「囀る鳥は羽ばたかない」の劇場アニメ化だ。そんな注目の作家が初めて青年誌で連載しているのが「Op オプ 夜明至の色のない日々」だ。死亡した人間の保険が下りるかを調べる、飄々とした保険調査員を主人公にユルい笑いを入れながら描いている。登場人物たちにBLの匂いも漂いつつ、ミステリーとしても人間ドラマとしても見応えがある良質作だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.