くらし情報『生ぬるい描き方では納得できない! 衝撃作実写化のR18指定報道に期待高まる』

2019年5月3日 21:40

生ぬるい描き方では納得できない! 衝撃作実写化のR18指定報道に期待高まる

生ぬるい描き方では納得できない! 衝撃作実写化のR18指定報道に期待高まる


「性の劇薬」

(…「2『おっさんずラブ』『きのう何食べた?』の次に来るのもソフトタッチだと予想していたら…」より続く

【BL映像化あれこれ 3】
実写化されること自体が衝撃的すぎる

タイトルも内容もとんでもなく過激なBLコミック、「性の劇薬」が実写映画化されることとなった!

原作の内容は電子ストアのサンプルを見てもらっただけでもわかるように白抜きだらけだ。白抜き、つまり局部描写に修正が入り、白く抜かれている状態のこと。それだけ局部が頻繁に登場するほど赤裸々に描写されているということだ。

これをきちんと実写化するとR18を免れない。際どいエロさだけでなく、性=生という感動も呼ぶテーマを伝えるには、生ぬるい描き方では成し得ないだろう。

それに原作はセクシャルな内容を描くだけでなく、傷ついた者たちが互いを支え合う存在となる心の機微も描かれ、ピュアなラブストーリーとも言える。

それも感じられるように描かなければ実写化の意味はない。そのためには傷を抱えた者たちが辛さを乗り越えることができるようになった極限の状態をぼやかすことなく描かないと見る方には伝わってこないだろう。

ぜひとも怯(ひる)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.