くらし情報『松坂桃李が語った、自身にとってのヒーローとは?』

2019年5月20日 12:32

松坂桃李が語った、自身にとってのヒーローとは?

松坂桃李が語った、自身にとってのヒーローとは?


松坂桃李

松坂桃李が、5月17日に丸の内ピカデリーで行われた『居眠り磐音』初日舞台挨拶に、木村文乃芳根京子柄本佑、杉野遥亮石丸謙二郎谷原章介本木克英監督とともに登壇した。

・『居眠り磐音』初日舞台挨拶 その他の写真

本作で時代劇初主演をつとめた松坂は、公開初日を迎えた感想を「無事に初日を迎えることができ、皆さんと同じ時間を過ごすことができて幸せに思っております」と笑顔でコメント。作品の見どころとなっている殺陣シーンについては「大変なことの連続でした。どのように刀を構えれば眠ったように見えるか、だいぶ練習しました。柄本さんとも一緒に何度も稽古を重ねる中で、アドバイスをいただきました。あとは3月の撮影だったので、とても寒かったのを覚えています」と振り返った。

また、“令和初の新時代劇”となる同作で松坂が演じる主人公・磐音というニューヒーローが誕生したことにかけて、登壇者それぞれが自身にとってのヒーローを回答。松坂は「父」と答え、「普段はおっとりしていて、声も小さいんですが、僕や姉が悪さをすると、しっかりと叱ってくれて、正してくれました。そんな武士のような、まさに磐音のような父が僕のヒーローでした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.