くらし情報『贈るのはノーベル平和賞ではなく俳優キャリア讃える賞、批判抑えA・ドロンに名誉パルムドール授与』

2019年5月21日 11:56

贈るのはノーベル平和賞ではなく俳優キャリア讃える賞、批判抑えA・ドロンに名誉パルムドール授与

と受賞の喜びを語った。

以前のインタビューで、かなり前から授与の話はあったが、断り続けてきたと明かしたドロンは「監督に受賞してもらいたかったからだ」と説明した。そして映画の撮影をオーケストラに例えて、「私は第一バイオリン奏者で、そこにはカラヤンのような指揮者たちがいた。ヴィスコンティ、メルヴィル、クレマン……、私は彼らのために受賞する」と語った。

受賞スピーチでは「「何が難しいかといえば、それは継続です。私は62年間続けました。いま難しいことは立ち去ることです。私はこれから立ち去るところです。でも、これを言わずして、そして皆さんに感謝せずに去ることはできません」と言い、「もし私がスターなのであれば、それは観客の方々のおかげです。それ以外の誰でもありません。スターを作るのは映画作品でもなく、監督でもなく、観客でしかないのです。皆さんに心より感謝します」と結んだ。

この日は受賞を記念して、ドロンが1976年に製作・主演したジョゼフ・ロージー監督の『パリの灯は遠く』が上映された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.