くらし情報『関西弁の艦長がクセに!?『空母いぶき』敵駆逐艦と護衛艦「いそかぜ」攻防シーン解禁』

2019年5月22日 19:00

関西弁の艦長がクセに!?『空母いぶき』敵駆逐艦と護衛艦「いそかぜ」攻防シーン解禁

関西弁の艦長がクセに!?『空母いぶき』敵駆逐艦と護衛艦「いそかぜ」攻防シーン解禁


(C) かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

かわぐちかいじ原作の同名ベストセラーコミックを、西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演で実写映画化する『空母いぶき』。この作品より敵駆逐艦と護衛艦「いそかぜ」攻防シーンの本編映像が解禁となった。

・[動画]解禁となった『空母いぶき』敵駆逐艦と護衛艦「いそかぜ」の攻防シーン

本作は、架空の航空機搭載型護衛艦「いぶき」とその乗組員を中心に、国籍不明の軍事勢力から襲撃を受けた非常事態下の日本において、それぞれのやり方で平和を守ろうとする人々の熱い闘いを描いた作品。

解禁となった映像は、冒頭にも記した通り、敵駆逐艦と護衛艦「いそかぜ」の攻防シーン。「いぶき」の前方に現れた敵駆逐艦に対して、敵味方ともに極力犠牲者を出さないよう、主砲による砲撃で敵の無力化に挑む様子が、手に汗握る映像とともに描かれていく。

護衛艦「いそかぜ」の艦長・浮船武彦は、本気モードになるとつい関西弁が出てしまうという個性的なキャラクター。敵駆逐艦との攻防では敵のことを「やっこさん」と呼んだり、砲撃する時には「いてまえー!」と叫ぶなど、一癖も二癖もある役を山内圭哉が熱演している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.