くらし情報『ダニエル・クレイグが『007』撮影中に転倒し負傷』

2019年5月24日 20:11

ダニエル・クレイグが『007』撮影中に転倒し負傷

ダニエル・クレイグが『007』撮影中に転倒し負傷


ダニエル・クレイグの負傷を伝えるジェームズ・ボンドの公式ツイッター

『007』シリーズ最新作の撮影中、主演のダニエル・クレイグが負傷し、手術を受けることが明らかになった。

ジェームズ・ボンド役最有力候補が上半身裸で気合い十分! フェス盛り上げる

シリーズ第25作となる『ボンド 25(仮題)』の公式ツイッターによると、主役のジェームズ・ボンドを演じるクレイグがジャマイカで撮影中に負傷した足首の手術を受けるという。

「The Sun」紙に匿名の関係者が語ったところによると、5月上旬にジャマイカでの出演シーンの撮影終盤に「走るシーンで転倒し、ひどい痛みに悩まされていた」という。渡米して検査を受けたところ、同じ週の後半から開始予定だったロンドンのパインウッド・スタジオでの撮影が延期になった。

公式ツイッターは「簡単な手術を行い、術後2週間リハビリにあてるが、その間も映画の撮影は続けられ、予定通り来年4月公開のスケジュールに変更はない」としている。

クレイグは現在51歳で、『007 カジノ・ロワイヤル』(06)に登場してから4度目となる今作が最後の作品になるとみられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.