くらし情報『西島秀俊、『空母いぶき』原作者かわぐちかいじからの手紙に感無量』

2019年5月24日 19:41

西島秀俊、『空母いぶき』原作者かわぐちかいじからの手紙に感無量

西島秀俊、『空母いぶき』原作者かわぐちかいじからの手紙に感無量


西島秀俊佐々木蔵之介

映画『空母いぶき』初日舞台挨拶が5月24日にTOHOシネマズ 日比谷で行われ、西島秀俊佐々木蔵之介本田翼市原隼人深川麻衣藤竜也若松節朗監督が出席した。

・『空母いぶき』初日舞台挨拶、その他の写真

本作はかわぐちかいじ原作の同名ベストセラーコミックの実写映画化。突然、日本が国籍不明の軍事勢力から襲撃を受け、架空の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群が平和を守るために尽力する姿を描く。

開口一番の挨拶では、お昼過ぎの時間帯にも関わらず西島が「みなさんこんばんは…じゃない、こんにちは」と勢いよくボケて笑いを誘い、「傑作のマンガを実写化するということで、撮影中もとても緊張していました。スタッフやキャストが毎日魂を込めて撮影しました。ようやく初日を迎えることができて思わず緊張して『こんばんは』と言ってしまいましたが、本当に嬉しく思います」と挨拶。

続く佐々木も「みなさん、こんばんは」と西島に合わせて笑いを誘い、上映終了後のイベントだけに「みなさんどうでしたか?」と観客に問いかけると大きな拍手が。それを受けて佐々木は「初日ってドキドキしますので、このように温かい拍手をいただけると本当に報われたなと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.