くらし情報『セクハラ訴追のワインスタイン、48億円で和解交渉』

2019年5月31日 20:09

セクハラ訴追のワインスタイン、48億円で和解交渉

ワインスタインへの告発から始まった#MeToo運動

一昨年10月、長年はたらいてきた性暴力やセクハラ行為を告発された映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが、原告側に総額4400万ドル(約48億円)を支払うことで暫定的な合意に向けて和解交渉が進んでいることが明らかになった。

・ハリウッドを揺るがしたセクハラ問題を映画化! ブラピ製作でオスカーも視野?

ワインスタインは女性2人に対する性暴力容疑でニューヨーク州で刑事訴追され、50人以上の女性からセクハラ行為で訴えられている。4400万ドルの内訳は和解金3000万ドルと法廷費用1400万ドル。

ここで、一昨年にワインスタインを告発する記事が世に出た直後、SNSで性的嫌がらせ被害を告発する際のハッシュタグとして広まったことから拡散した「#MeToo」運動を今一度振り返ってみよう。

2018年は、1月7日(現地時間)に開催された第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式から大きな動きがあった。この日、レッドカーペットを歩いた女優たちをはじめ、セレブたちはほぼ全員が黒の衣装をまとっていた。これはセクシャル・ハラスメント、そうした行為を黙認することに抗議し、被害の撲滅を訴えるために同月1日からスタートした「タイムズ・アップ(もう終わりにしよう)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.