くらし情報『玉森裕太、吉岡里帆から“意外なギャップ”を明かされ照れ笑い』

2019年6月3日 12:56

玉森裕太、吉岡里帆から“意外なギャップ”を明かされ照れ笑い

玉森裕太、吉岡里帆から“意外なギャップ”を明かされ照れ笑い


玉森裕太

玉森裕太が、6月1日に行われた『パラレルワールド・ラブストーリー』公開記念舞台挨拶に吉岡里帆染谷将太森義隆監督とともに登壇。吉岡から玉森の“意外なギャップ”が明かされ、照れ笑いで客を和ませる場面があった。

・『パラレルワールド・ラブストーリー』公開記念舞台挨拶 その他の写真

一番好きなシーン、印象に残っているシーンについて聞かれると、玉森は悩みに悩んで「冒頭の麻由子(吉岡)との電車で出会うシーンも好きですし、智彦(染谷)と言い合いになるシーンもすごく好きなんですけど…」と選べない2つのシーンを挙げた。最終的には麻由子との電車のシーンを選択し、「崇史(玉森)がピュアな気持ちで、唯一恋愛していたシーンなので」とお気に入りの理由を述べた。

吉岡も「崇史と智彦の別れと言っていいのか、物語の確信に迫るシーンを初めて観た時に泣いちゃいました」と共演した2人の演技に泣かされたことを明かした。染谷は「電車のシーンは、なんて映画的なんだ、と僕も大好きです」と玉森と同じく印象的な崇史と麻由子の出会いのシーンを挙げた。

また、1年前の撮影では緊張感のある現場で共に過ごしていたという3人だが、最近はプロモーションでバラエティ番組に一緒に出演し、撮影では見ることなかった姿とのギャップに驚くこともあるそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.