くらし情報『三浦貴大がまるで『鉄男』に!映画化してはならない脚本が地獄へと変えていくホラー映画の特報解禁』

2019年6月7日 10:00

三浦貴大がまるで『鉄男』に!映画化してはならない脚本が地獄へと変えていくホラー映画の特報解禁

三浦貴大がまるで『鉄男』に!映画化してはならない脚本が地獄へと変えていくホラー映画の特報解禁


(C)2019 「ゴーストマスター」製作委員会

三浦貴大成海璃子がW主演をつとめる映画『ゴーストマスター』の特報と、2人が衝撃的な姿に変貌した2種類のティザービジュアル、さらに追加キャストが解禁となった。

・映画『ゴーストマスター』その他の写真

メガホンをとるのは、黒沢清監督に師事し、レインダンス国際映画祭「今注目すべき7人の日本人インデペンデント映画監督」に選出されるなど、長編映画デビューが待たれていた新鋭ヤングポール監督。舞台は、とある“壁ドン”映画の撮影現場で、三浦が演じるのは監督やスタッフからこき使われる助監督の“黒沢明”。名前だけは“巨匠”だが、断れない性格で要領も悪く、B級ホラーを愛するただの気弱な映画オタクだ。

そんな黒沢明は、いつかは自分が監督として作品を撮ることを夢見て、書き温めていた脚本「ゴーストマスター」を常に肌身離さず持ち歩いていた。だが、あまりに過酷すぎる撮影現場でのうっ積した黒沢の不満と怨念のような映画愛が、この脚本に悪霊を宿させ、やがてこの「映画化してはならなかった脚本」が撮影現場を阿鼻叫喚の地獄へと変えていく。

解禁となった特報は、三浦扮する黒沢が、トビー・フーパー、ジョージ・A・ロメロ、ジョン・カーペンターブライアン・デ・パルマといった名だたる映画監督の名前を連呼するシーンから始まる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.