くらし情報『大沢たかお主演、暴走したAIが人間に牙をむく映画『AI崩壊』特報解禁』

2019年7月2日 06:00

大沢たかお主演、暴走したAIが人間に牙をむく映画『AI崩壊』特報解禁

大沢たかお主演、暴走したAIが人間に牙をむく映画『AI崩壊』特報解禁


(C) 2020「AI崩壊」製作委員会

大沢たかお主演、賀来賢人岩田剛典広瀬アリス三浦友和らが共演し、『22年目の告白―私が殺人犯です―』の入江悠が監督・脚本を担当することも話題の完全オリジナル映画『AI崩壊』。この作品の特報とビジュアルが解禁となった。

・[動画]解禁となった映画『AI崩壊』特報

本作は、医療・金融・交通・セキュリティなど、AI人工知能)が国民の生活を支えるインフラとして欠かせない存在となっている2030年の近未来が舞台。ある日、信頼していたAIが暴走し、日本中を巻き込む想像を絶する大惨事が発生する。

大沢が演じるのは、天才科学者で画期的なAIの開発者である主人公の桐生浩介役。賀来が桐生の義理の弟で、桐生が開発したAIの管理・運営をしている西村悟役、岩田が警察庁のエースで若き管理官の桜庭誠役、広瀬が警察庁の刑事・奥瀬久未役、三浦が定年間近で所轄のベテラン刑事の合田京一役を演じる。

解禁となった特報は、不穏な雰囲気が漂う東京タワーの夜景をバックに「2030年、人類はAIによって命の選別をされる。」という衝撃的なテロップとともに幕を開ける。次いで「命の選別を始めた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.