くらし情報『岡田准一、満面の笑みで「もうファブった?」と観客に問いかけ』

2019年7月5日 11:11

岡田准一、満面の笑みで「もうファブった?」と観客に問いかけ

岡田准一、満面の笑みで「もうファブった?」と観客に問いかけ


岡田准一木村文乃

映画『ザ・ファブル』の大ヒット御礼舞台挨拶が7月4日に丸の内ピカデリーで行われ、主演の岡田准一をはじめ、木村文乃山本美月柳楽優弥が登壇した。

・『ザ・ファブル』大ヒット御礼舞台挨拶、その他の写真

本作は、圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋ファブル(岡田准一)が、ボスから「1年間殺し屋を休業し、一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」を命じられ、一般人として暮らし始めるというストーリー。

SNSなどでは『ザ・ファブル』を見ることを「ファブる」「ファブった」と表現するファンも増える中、イベント冒頭でファブル役を演じた岡田が観客に「もう、ファブりました?」と話しかけ、大きな拍手が巻き起こった。

またこの日は、観客から募集した「もう一度見たいあのシーン」にまつわる裏話を、登壇者が披露する催しも。トークのテーマとなるシーンは、壇上に用意されたボックスの中から登壇者がランダムに引き当てる形で進行する。

岡田が引き当てたのは「ファブルがさらわれたミサキ(山本美月)を救出中に、小首をかしげて『ちょっと待っててね』と優しく語りかけるシーン」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.