くらし情報『高校生はトラウマ抱え、大学生は三角関係…切ない物語にキュンキュン』

2019年7月21日 20:08

高校生はトラウマ抱え、大学生は三角関係…切ない物語にキュンキュン

高校生はトラウマ抱え、大学生は三角関係…切ない物語にキュンキュン


ノイタミナ『ギヴン』公式サイトより

(…前編「ボーイズがラブするBL、ここまで市民権を獲得〜」より続く)

“音”と“声”が重要な青春音楽ストーリーをアニメ化
【元ネタ比較】『ギヴン』中編

フジテレビの人気の深夜アニメ枠「ノイタミナ」で番組史上初めてBLコミックがアニメ化され、キヅナツキ原作の『ギヴン』が放送中だ。

主人公の上ノ山立夏は陰キャでも陽キャでもなくどこにでもいる普通の男の子で、ギターは高校生としては抜群に上手いのだけど、今は熱くなれずにいる。彼が出会う佐藤真冬はつかみどころのない、ポーッとした性格で子犬のような可愛らしさがある男の子だ。

ただ、彼は過去に大きな重いトラウマを抱えていて、そのことで他人と一定の距離を取っているフシがある。トラウマに関係した壊れたギターをいとも簡単に直してくれた立夏は真冬にさらに新しい世界を見せてくれて、過去にとらわれている真冬が前へと踏み出す支えとなってくれる。

立夏は立夏で不思議な雰囲気の真冬が自分にだけ懐いてくれてるだけでも悪い気はしないだろうところに、歌声でノックアウト。理屈抜きに恋に落ちてしまう。立夏と真冬が惹かれ合うのはとても自然に思えてなんの違和感もなく受け入れられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.