くらし情報『脳卒中のアラン・ドロンがスイスで休養、病状も安定』

2019年8月13日 11:46

脳卒中のアラン・ドロンがスイスで休養、病状も安定

脳卒中のアラン・ドロンがスイスで休養、病状も安定


娘、アヌーシュカ・ドロンのInstagramより

アラン・ドロンが脳卒中のため、現在スイスで入院中であることが明らかになった。

長男で俳優のアントニー・ドロンが8日(現地時間)、AFPに語ったところによると、83歳のドロンは数週間前に心血管疾患と軽い脳出血を起こし、現在スイスの病院で休養中しているという。

・贈るのはノーベル平和賞ではなく俳優キャリア讃える賞、批判抑えA・ドロンに名誉パルムドール授与

幸い身体機能は「医師たちによれば、万全で、病状も安定している」そうだ。ドロンはパリのピチエ・サルペトリエール病院で手術を受け、3週間の集中治療中はアントニーの異母弟妹や、アントニーの母でドロンの元妻ナタリーら、家族全員が交代で看病したという。

今年5月のカンヌ国際映画祭で名誉パルムドールを受賞し、元気な表情を見せていたドロンだが、その直後のことだった。

その後ドロンはスイスに移り、病院で療養生活を送っているという。スイスに住む妹で女優のアヌーシュカ・ドロンが付き添い、兄弟たちと毎日連絡を取っているという。

アヌーシュカは自身のインスタグラムに「ただ、明確にするためだけに」として、以下のような現状を公表した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.