くらし情報『孤独な少年が唯一無二の存在になっていく姿がドラマティック!』

2019年8月22日 20:09

孤独な少年が唯一無二の存在になっていく姿がドラマティック!

孤独な少年が唯一無二の存在になっていく姿がドラマティック!


『ロケットマン』
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

黒歴史も包み隠さず描写
【週末シネマ】『ロケットマン』

アニメ版『ライオン・キング』の主題歌「愛を感じて」でオスカーを受賞、現在大ヒット公開中の超実写版『ライオンキング』にも新曲を提供し、72歳になって今も活躍中のシンガーソングライター、エルトン・ジョン。その波乱に満ちた半生を描いた『ロケットマン』は、「愛を感じて」やダイアナ元妃を追悼する「キャンドル・イン・ザ・ウィンド1997」などを発表した90年代より前、ピアノに目覚めた少年時代からポップスターとしての成功と薬物中毒と孤独に苦しみ、更生を目指す80年代までを描いている。

・自由な関係にゆるやかな時の流れ、全てが心地よい! PCも携帯も持たないギター職人のドキュメンタリー

親からの愛や理解がなく、容姿などにコンプレックスを抱えながらも音楽の才能と仲間との出会いに恵まれて成功に導かれ、そして裏切りや依存症の落とし穴に……という物語は判で押したようなミュージシャン伝記映画の“あるある”だが、似通っていても各々が味わった苦悩はひとつひとつ違う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.