くらし情報『「曲は書けるけど詞が書けない」エルトン、“異色の友情”描くミュージカル』

2019年8月23日 07:09

「曲は書けるけど詞が書けない」エルトン、“異色の友情”描くミュージカル

「曲は書けるけど詞が書けない」エルトン、“異色の友情”描くミュージカル


『ロケットマン』
8月23日より公開
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

【映画を聴く】『ロケットマン』前編
わずか10分で生まれた名曲

『ロケットマン』は、エルトン・ジョンと彼の楽曲制作のパートナーであるバーニー・トーピンの「友情」を主軸としたミュージカル映画である。今年でデビュー50周年を迎えるエルトン・ジョンは、いまさら説明する必要のないヒットメーカーでありスーパースターだが、自分でほとんど歌詞を書かないという事実は意外なほど知られていない。

・ 孤独な少年が唯一無二の存在になっていく姿がドラマティック!

「Your Song(僕の歌は君の歌)」も「Crocodile Rock」も「Goodbye Yellow Brick Road」も「Candle in the Wind(キャンドル・イン・ザ・ウインド〜ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ)」も、すべてはバーニーの書いた歌詞にエルトンがピアノでメロディをつけて完成させたものだ。自分で歌詞を書かない歌手/作曲家自体は特に珍しくないが、半世紀にわたってほぼ専属という形で同じ作詞家と組み続けている人となると、エルトン以外にはそう思いつかない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.