くらし情報『池松壮亮、ピエール瀧に現場で「再会したい!」と思いを熱く語る』

2019年8月23日 12:10

池松壮亮、ピエール瀧に現場で「再会したい!」と思いを熱く語る

池松壮亮、ピエール瀧に現場で「再会したい!」と思いを熱く語る


池松壮亮

池松壮亮蒼井優が8月22日に新宿バルト9で行われた映画『宮本から君へ』完成披露舞台挨拶に出席。共演者の井浦新、一ノ瀬ワタル、原作者であり主人公・宮本の父親役を演じた新井英樹、そしてメガホンをとった真利子哲也監督も壇上に上がった。冒頭、池松が本作に出演し、今年3月に麻薬取締法違反などの罪で逮捕されたピエール瀧について涙ぐみながら語る一幕があった。

・『宮本から君へ』完成披露舞台挨拶、その他の写真

同作は、2018年4月クールに放送されたドラマ『宮本から君へ』の映画版。容赦ない人間描写と圧倒的な世界観を描く新井の同名マンガを原作に、熱血営業マン・宮本浩(池松)と彼の恋人・中野靖子蒼井優)が、目の前に立ちはだかる“究極の愛の試練”を克服していくストーリーだ。

挨拶を求められた池松は、少し間を置き「いよいよこういう日を迎えられて幸せに思います」と口を開いた。ピエール瀧に関して「僕が監督よりも近い距離でみていた共演者として言えることは、あの人の目は本気でしたし、この作品にとんでもなく大きな力を注いでくれていたと思っています」と触れつつ、「もうあの瞬間に戻ることはできないというくらいスタッフ全員がパワーを注ぎ込んだ作品となっています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.