くらし情報『映画にドラマ、映像化が目白押し! 再び脚光を浴びるスティーヴン・キング』

2019年9月12日 07:09

映画にドラマ、映像化が目白押し! 再び脚光を浴びるスティーヴン・キング

映画にドラマ、映像化が目白押し! 再び脚光を浴びるスティーヴン・キング


『 I T/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

9月6日に米国で『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(日本公開11月1日)が公開され、初日3日間で興収9100万ドル(96.4億円)を記録。ホラー映画史上歴代2位のオープニング成績を飾った。

・ソニーとディズニーの交渉決裂でスパイダーマンがMCUから離脱

スティーヴン・キング原作の映画は、4月に『ペット・セメタリー』(日本公開未定)が公開され、11月8日には『ドクター・スリープ』(日本公開11月29日)が控える。今年は3本の原作映画が公開され、キングが映画界で再び脚光を浴びている。

キング原作の映画化が多かったのは1980年代から90年代にかけて。76年にブライアン・デ・パルマ監督が『キャリー』を映画化し大ヒット。批評家から高評価を得たこともあり、キング原作の映画化に拍車がかかる。80年『シャイニング』、82年『クリープショー』、83年『クジョー』『デッドゾーン』『クリスティーン』、84年『炎の少女チャーリー』、87年『バトルランナー』、89年『ペット・セメタリー』、90年『ミザリー』など。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.