くらし情報『染谷将太、出演希望した自主映画が劇場公開となり「嬉しい限りです」』

2019年9月16日 11:56

染谷将太、出演希望した自主映画が劇場公開となり「嬉しい限りです」

染谷将太、出演希望した自主映画が劇場公開となり「嬉しい限りです」


染谷将太

映画『最初の晩餐』完成披露舞台挨拶が9月15日に新宿ピカデリーで行われ、染谷将太戸田恵梨香斉藤由貴永瀬正敏常盤司郎監督が出席した。

・『最初の晩餐』完成披露舞台挨拶、その他の写真

本作は常盤監督が構想7年をかけて完成させた人間ドラマ。父親を亡くし通夜のために集まった家族が、その夜に振舞われた父親の思い出のレシピを通して、父親の秘密を知っていく様を描く。

常盤監督にとっては長編デビュー作でもあり「7年前にたった3人で始めた企画でほぼ自主映画みたいな感じでスタートしました。そこに4人目として来てくれたのが染谷君で、主演を3年半近く待たせて撮影を始めました」と感慨深くコメント。

当時出演を決めた理由について、主演の染谷は「家族を語る映画でこんなに説教臭くない脚本や映画は初めて出会った気がして…、優しいんです。背中を押してくれる気持ちになりまして。最初は自主映画で、それが気づいたらKADOKAWA配給にもなり、嬉しい限りです」と述懐。それだけに「『やらせてください』と言って3年半音信不通だったので、きっと飛んだんだろうなと思っていたらやると聞いて、本当に嬉しかったです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.