くらし情報『サウナの本場から来た監督「なんで日本のサウナにはテレビがあるの?」と突っ込み!』

2019年9月17日 18:28

サウナの本場から来た監督「なんで日本のサウナにはテレビがあるの?」と突っ込み!

サウナの本場から来た監督「なんで日本のサウナにはテレビがあるの?」と突っ込み!


左からミカ・ホタカイネン監督、カリ・テンフネン、ミッコ・リッサネン

映画『サウナのあるところ』のヨーナス・バリヘル監督、ミカ・ホタカイネン監督、出演しているミッコ・リッサネンとカリ・テンフネンの4人が来日。9月14日に都内で行われた初日舞台挨拶に登壇した。

・『サウナのあるところ』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、サウナの本場・フィンランドで1年以上ロングラン上映を記録した本格サウナドキュメンタリー。この日は、元軍人のカリは軍服、ミッコは「映画の中では裸だから」とバスローブ姿で登場した。

日本では今、空前のサウナブームが到来中。初めて日本に来たという4人に日本式サウナを体験した感想を尋ねると、ヨーナス監督は「これまでの人生でもトップに入るような素晴らしいサウナでした」と回答。ミカ監督はその意見に深く頷きながらも「1つだけ疑問があります。なぜサウナにテレビがあるの?」と日本独特のサウナ文化に突っ込みを入れ、会場を沸かせた。

そもそも、なぜサウナを舞台に映画を作ろうとしたのか? その質問にヨーナス監督は「公衆サウナに入っていた時、20代の男性2人が入ってきて『人生を共にする女性を見つけたんだ!』と目を輝かせながら話し始めたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.