くらし情報『ケヴィン・スペイシーを性的暴行で訴えた男性が裁判前に死亡、年内で2人目』

2019年9月20日 21:09

ケヴィン・スペイシーを性的暴行で訴えた男性が裁判前に死亡、年内で2人目

ケヴィン・スペイシーから性的暴行を受けたとして訴えていたマッサージ・セラピストの男性が、裁判を前に亡くなったことが明らかになった。スペイシーの弁護士が17日(現地時間)、アメリカの中央地区連邦地方裁判所に届けたもので、男性は強制わいせつやセクハラでスペイシーに訴訟を起こしている十数人のうちの1人だった。

ケヴィン・スペイシーの性的暴行疑惑が新たに3件

匿名(ジョン・ドー)で訴訟の手続きをしていたこの男性は、2016年10月、施術中にスペイシーに腕を掴まれて性器に触らされ、部屋から出ようとすると全裸のスペイシーが立ちはだかってオーラルセックスを強要されたと訴えていた。スペイシー側は訴えの内容について否定している。

裁判所への届けによると、スペイシー側は11日(現地時間)にドー氏の弁護士から「最近亡くなった」ことを知らされたという。この件についてドー氏の弁護士は「職業上の責任からスペイシーの代理人にドー氏逝去を伝え、遺族が悲しみを乗り越える時間を持てるよう、裁判所に知らせるのは少し待ってほしいと伝えにも関わらず、スペイシー側はそれを無視して、私たちの合意のないまま通知した」と遺憾を表明している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.