くらし情報『いつのまにか『ジョーカー』製作者から名が消えていたスコセッシ監督、ネガティブ発言で炎上』

2019年10月11日 20:19

いつのまにか『ジョーカー』製作者から名が消えていたスコセッシ監督、ネガティブ発言で炎上

いつのまにか『ジョーカー』製作者から名が消えていたスコセッシ監督、ネガティブ発言で炎上


マーティン・スコセッシ監督

公開と同時に世界的な大ヒット作となった『ジョーカー』。実は企画の初期段階ではマーティン・スコセッシ監督がプロデューサーに名を連ねていた。トッド・フィリップス監督が起用された2017年のことだが、いつの間にかスコセッシの名前はリストから消えていたという。一時は自身が監督も務めることを希望していたという説もあるが、製作のワーナー・ブラザースはコメントを拒否。スコセッシ監督側は、プロデュースのみで監督する意図はなかったとコメントしている。

・『ジョーカー』が日米共に大ヒット。ヒットを後押しした4つの要因とは?

ホアキン・フェニックスコメディアンを目指す孤独な主人公を演じた『ジョーカー』は『タクシードライバー』『キング・オブ・コメディ』というスコセッシの監督作へのオマージュを感じさせる作風が話題になっている。

スコセッシといえば、最新作『アイリッシュマン』のプロモーションで受けたインタビューでMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)について「映画じゃない」とコメント、炎上騒ぎになった。

イギリスの映画雑誌「Empire」誌のインタビューで「見ていないんんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.