くらし情報『突然の引退宣言に続く奇行や乱闘騒ぎ…大ひんしゅくの後に訪れた充実のキャリア』

2019年10月12日 09:25

突然の引退宣言に続く奇行や乱闘騒ぎ…大ひんしゅくの後に訪れた充実のキャリア

突然の引退宣言に続く奇行や乱闘騒ぎ…大ひんしゅくの後に訪れた充実のキャリア


ホアキン・フェニックス

(…前編「両親はヒッピー、カルト集団の中で育った少年」より続く)

【この俳優に注目】ホアキン・フェニックス/後編
「お前は僕より有名になる」という兄の予言

そんな中で、突如俳優を引退&ラッパー転向を宣言して世間を騒がせたのは2008年のこと。そうは言っても彼が演技を捨てられるはずはない、数年後には撤回してカムバックするに違いないという見方が大半だったが、その後トーク番組などで見せた奇行の数々やライブ会場での乱闘騒ぎなども含めて、2010年公開の『容疑者、ホアキン・フェニックス』のための仕込みだと気づく人はいなかった。当時、義弟(妹サマーと結婚していた)だったケイシー・アフレックが監督を務めたフェイク・ドキュメンタリーは種明かしと同時に顰蹙を買い、のちにアフレックがセクハラで同作の撮影スタッフだった女性2人から訴えられる事態も起きた。

『容疑者〜』について賛否は分かれるが、誰もが認める実力がありながら、結局私生活ばかり面白がられてきたホアキンにとって、一種の厄払いになったのではないかと思える。それほどに、2010年代以降の彼のフィルモグラフィは充実しているのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.