くらし情報『シェアはなんと40%、ハリウッドで存在感を増すディズニー。対抗する一番手はワーナー』

2019年10月16日 07:09

シェアはなんと40%、ハリウッドで存在感を増すディズニー。対抗する一番手はワーナー

シェアはなんと40%、ハリウッドで存在感を増すディズニー。対抗する一番手はワーナー


アナと雪の女王2』
11月22日より公開
(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

ハリウッドでウォルト・ディズニーの存在感が増している。今年の年間興収シェアは10月13日時点で32.1%(Boxofficemojo.com調べ)。2位のワーナー・ブラザースが15.2%で、2倍以上の開きだ。2010年からの年間シェア1位のポイントを見ると、最多は16年のディズニーで26.3%。今年のディズニーはこれを6ポイント近く上回っている。11月には『アナと雪の女王2』、12月には『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が控えており、さらなるシェア増が予想される。このシェアに、ディズニーが買収した20世紀フォックスの3.8%を加えると35.9%。ディズニー=フォックス連合の1強ぶりが際立っている。

・巨額制作費を支えるディズニー驚異の資金力!

来年以降もディズニー=フォックス連合のラインナップは盤石だ。アニメはディズニーとピクサーにブルースカイ・スタジオ(20世紀フォックス)が加わり、実写は『ムーラン』など人気キャラクターの映画化、スター・ウォーズ(22年から新3部作を予定)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.