くらし情報『新田真剣佑と北村匠海、渾身の音楽フェスシーン舞台裏』

2019年10月25日 12:00

新田真剣佑と北村匠海、渾身の音楽フェスシーン舞台裏

新田真剣佑と北村匠海、渾身の音楽フェスシーン舞台裏


新田真剣佑
(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

新田真剣佑と北村匠海、渾身の音楽フェスシーン舞台裏


(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

新田真剣佑と北村匠海、渾身の音楽フェスシーン舞台裏


(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

新田真剣佑北村匠海のW主演でおくる映画『サヨナラまでの30分』の、音楽フェスシーン撮影のオフィシャルレポートが到着した。

・映画『サヨナラまでの30分』その他のメイキング写真

本作は、『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎監督が手掛ける青春音楽ラブストーリー。1年前に死んだ人気バンドボーカルのアキと、人と関わることが苦手な大学生の颯太。ある日颯太は、アキが遺したカセットテープをたまたま拾う。そのカセットが再生される30分の間だけ、死んだはずのアキが颯太の体を借りて、入れ替わることができるとわかる。もう1度仲間と音楽をやるため、そして恋人の笑顔を取り戻すために、出会うはずのない2人が奔走する。アキを新田真剣佑が、颯太を北村匠海が演じる。

本作の撮影は2019年の夏、長野県で行われた。映画の見どころの1つである音楽フェスシーンのロケ地は、松本市にあるアルプス公園。実在する音楽フェス「りんご音楽祭」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.