くらし情報『斎藤工、北村一輝と出会った20年前のエピソード振り返る』

2019年10月31日 17:51

斎藤工、北村一輝と出会った20年前のエピソード振り返る

斎藤工、北村一輝と出会った20年前のエピソード振り返る


『TATAMI』の齊藤工監督

俳優・斎藤工が「齊藤工」名義で監督として参加している『フォークロア』。この作品の特別上映とQ&Aが10月30日に開催中の第32回東京国際映画祭で行われ、齊藤が自身の作品に出演した北村一輝との20年前のエピソードを振り返った。

・齊藤工と北村一輝、その他の写真

本作は、インドネシア・日本・韓国・マレーシア・シンガポール・タイの6ヵ国を舞台に描かれた6エピソードからなるホラー・アンソロジー。齊藤が監督したのは、その中の1作『TATAMI』で、北村が主演をつとめている。Q&Aには『母の愛』を監督した「インドネシアのホラー王」ことジョコ・アンワルも登壇した。

日本を代表して初のホラー作品に挑んだ齊藤は「自分が初めて映画の現場に関わらせて頂いたのは20年前、北村さんの撮影の現場見学でした。それが今回主演として北村さんとご一緒できたのは大変誇らしいです。もちろんジョコ監督とご一緒できたのも大変うれしく思っております」と北村との知られざる接点を明かし、北村も「齊藤監督と初めてお会いした20年前当時、『映画を撮りたいです』とおっしゃっていまして、『その時はぜひ俺を使ってくれ』と言ったのを覚えています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.