くらし情報『製作費約200億円! Netflixが再びアカデミー賞を狙うスコセッシ監督作『アイリッシュマン』』

2019年11月6日 07:06

製作費約200億円! Netflixが再びアカデミー賞を狙うスコセッシ監督作『アイリッシュマン』

製作費約200億円! Netflixが再びアカデミー賞を狙うスコセッシ監督作『アイリッシュマン』


『アイリッシュマン』
11月27日よりNetflixにて配信

昨年の『ROMA/ローマ』に続き受賞なるか?

11月5日、東京国際映画祭の特別招待作品としてマーティン・スコセッシ監督の新作『アイリシュマン』が上映された。当初はクロージング作品として東京国際フォーラムでの上映を予定していたが、TOHOシネマズ六本木ヒルズの4K対応スクリーンで特別招待作品として上映された。当日は3回の上映があったが、チケットが10月12日に映画祭公式サイトで発売が開始されるとすぐに売り切れる人気ぶりだった。

・『ローマ』、アカデミー賞最多10部門候補で映画業界に激震!

舞台は第2次大戦後のアメリカ裏社会、主人公はフランク・“アイリッシュマン”・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)。マフィアのラッセル・バッファリーノ(ジョー・ペシ)に仕えた実在の殺し屋で、1975年に失踪した全米トラック運転組合委員長ジミー・ホッファ(アル・パチーノ)の暗殺をはじめ、多くの殺人事件に関与したとされている。スコセッシ監督が長年温めてきた企画で、スコセッシ作品にデ・ニーロとペシが出演するのは『カジノ』以来24年ぶり、パチーノが出演するのは初めて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.